ストーカー対策、ストーカー調査、ストーカー退治、ストーカー相談はお任せ下さい。

TOPへ戻る
ストーカーバスターズとは?
ごあいさつ
バスターズとは?
プライバシーポリシー
このようなことでお困りの方はご相談下さい
コンタクト
ご相談フォーム
カウンセリング料金
SBS オリジナルグッズ紹介
ストーカーについて知る
ストーカーとは
8つのストーキングパターンとその対策
警察庁統計で見るストーカー被害の実態
ストーカー被害に遭いやすい人チェック
ストーカーになりやすい人チェック
現在ストーカーと言われている方へ
ストーカー被害の実例
バスターズ体験者 レヴュー
退治例
ストーカーからのメール
ストーカー事件簿
ニュース
メディア掲載
スパ記事
警察に頼らないストーカー対策より
TV放送
新聞紹介
雑誌紹介

特定商取引に関する法律表示
警察庁統計で見るストーカー被害の実態 - ストーカーを知る -

警察庁の六ヵ月統計から見るストーカーのプロファイルを概観することにしよう。

男女別であるが、ストーカーの被害者は予想どおり女性が九割弱と圧倒的に多く、男性は一割強に過ぎなかった。(図2a)

ストーカーの加害者は、男性が九割弱で、女性は一割強であった。(図2b)

次に年齢を見ると、被害者は二十歳代が多く、三十歳代、四十歳代、五十歳代と減少する。
十歳代以下は意外と少ない。(図3a)

加害者の年齢は、二十歳代と三十歳代がほぼ同じで、五十歳代以上がこれに次ぐ。加害者では十歳代以下は非常に少ない。(図3b)

警察に相談されるストーカー事案の加害者と被害者の関係
面識のない人が少なく、約10パーセントに過ぎないことが注目される。
このようなケースは「ストーカー規制法」よりも、他の刑法や条例によって処理されるためだと考えられる。

しかし、たとえ一割でも、それが存在することは無視しえない事実である。
面識のある人からストーカー行為を受けて相談に来る場合が圧倒的に多かった。

このうち、現在または過去の交際相手が51%で過半を占め、現在または過去の配偶者が14%もある。

つまり、ストーカー関係の66%が少なくとも一時的には愛情によって結ばれていたパートナーであったということになる。

ストーカーと被害者はもともと深い関係にあった場合が多い。

ちなみに、「ストーカー規制法」の定義に採用された、ストーカーの動機であるが、警察統計によれば、54%が「好意の感情」であり、38%が「好意の感情が満たされなかったことに対する怨恨の感情」で、この二つで九割を超えている。

この結果はもちろん当然ではあるが、心理学的に見て興味ある点は、ストーカーのように被害者に危害・不快を与える行為でも、「好き」が「嫌い」(恨み)を上回っているということであろう。

また、「精神障害」は1.5%に過ぎず、かなり少ないことになっている。

ストーカー被害でお悩みの方は今すぐこちらへ!
アドバイス
ストーカー被害者の方へ
被害者の家族・知人の方へ
被害を未然に防ぐには
ストーカー規正法
迷惑電話対策
よくいただく質問 Q&A
警察HPリンク
警察へ相談する
犯罪被害者給付金制度
全国弁護士会
弁護士報酬
法律扶助協会
全国法律扶助協会連絡先
女性団体
ストーカー関連問題解決方法
解決への流れ
話し合いによる解決方法
警察介入による解決方法
その他
相互リンク集


同業者や我々の事業に関心のある方はクリックしてください。
ストーカー バスターズ 体験者レヴュー
ストーカー被害でお悩みの方は、ご連絡下さい。女性カウンセラーも在籍しておりますのでご安心して下さい。
DV バスターズ 家庭内暴力に悩むあなたに
ストーカー バスターズ・フェイスブックページ

Copyright(C) Stalker Busters 2003 All right reserved